安定性が低い成分
安定性が低い成分

不安定な成分を
ニードル内部に入れて届ける

有効成分の中でも、レチナールやレチノール、ビタミンC、ハイドロキノンなど光や熱などに弱く不安定な成分は、効果のある状態で体の中へ届けることが重要です。
富士山ニードルは固形製剤の形でアルミ包装で遮光されているので、不安定な成分でも安定して体の中へ届ける事ができます。

壊れやすい不安定な成分は
「塗る」・「注射」に不向き

美白成分のレチノールは光や熱に非常に不安定で、分解されやすい成分です。
その為、肌に塗るタイプの化粧品では効果の低いパルミチン酸レチノールを代わりに使うこともあります。壊れやすい不安定な成分は、肌表面に塗る方法だと室内の光や体温の熱に影響されてしますので、向いていないのです。

壊れやすいレチノールなどの不安定な成分も、直接成分を皮膚内部に届ける「注射」なら分解されずに届けることが出来ますが、食品ラップほどの厚みしかない角質層に注射で成分を届けることは現実的ではありません。

肌の内部へ不安定な成分を
直接届ける富士山ニードル

壊れてしまいやすい不安定な成分を、肌内部の適切な深さへ直接届けるには、ニードル内部に成分を含有出来る富士山ニードルが最適です。

シミのケアに効果的な壊れやすい美容成分も安定させて届ける

富士山ニードルは目的に合わせて長さを設計でき、不安定な成分もニードル内部に閉じ込めることによって安定して直接肌内部へ届けることができます。

富士山ニードルはヒアルロン酸等の高分子成分でできており、水分が非常に少ないという特徴があるので、高分子のヒアルロン酸構造の中にビタミンA誘導体を包みこむことで、酸化や分解を抑制し安定化が難しいとされる「レチナール」を安定化させることができるのです。
富士山ニードルを肌に貼った瞬間から、肌の水分によってヒアルロン酸が溶け出し、その際に「レチナール」「レチノール」も肌の中に浸透していきます。

脂漏性角化症の医療にも効果を期待

レチノイドの中でもオールトランスレチノイン酸という成分は「脂漏性角化症」の薬物治療法への効果が期待されています。
不安定な成分も、ニードル内部に閉じ込めて、狙った深さへ届くように設計できるので、届けたい成分を届けたい場所に、届けたい分量だけ届ける事ができるのです。

代表的な不安定な成分の例

  • レチノール
    しみ・しわ改善
  • レチナール
    しみ改善
  • レチノイン酸
    しみ・しわ改善
  • ハイドロキノン
    しみ改善
  • コウジ酸
    美白
  • 純粋ビタミンC
    美白
  • 純粋トコフェロール
    抗酸化作用
  • 純粋レチノール
    保湿作用
  • トコトリエノール
    線維芽細胞増殖作用・ヒアルロン酸産生作用・ 抗酸化作用
  • トコフェロール
    線維芽細胞増殖作用・ヒアルロン酸産生作用・ 抗酸化作用
  • レチノイン酸トコフェリル
    しわ改善・コラーゲン合成・ヒアルロン酸産生促進
  • アスコルビン酸ナトリウム
    美白
  • グルタチオン
    美白
  • アリジルリン
    ボトックス注射の外用の代用薬で、筋肉の緊張をとくことで表情ジワを軽減し、俗に「塗るボトックス」と呼ばれる。
  • アイセリル
    目元シワ改善・クマ改善
  • ヘキサペプチド-3
    真皮の修復及び再生・唇を豊かにする
  • EGF
    表皮細胞増殖因子
  • シンエイク
    筋肉の収れんを抑制する・表情ジワを減少
  • FGF
    線維芽細胞増殖因子
お問合せはこちら
INDEX