コスメディ製薬について About CosMED

トップメッセージ

代表取締役からのご挨拶

「世界初のものを創る」という情熱を持ちこれからも社会に貢献し続けたい。 代表取締役・工学博士 神山 文男 「世界初のものを創る」という情熱を持ちこれからも社会に貢献し続けたい。 代表取締役・工学博士 神山 文男

皆様には平素より御高配を賜り、誠にありがとうございます。

弊社は高分子研究のコンサルティングを行なっていた私と薬剤学博士であった権英淑(現当社取締役)とが中心となって京都薬科大学薬剤学教室から出発いたしました。2001年の起業当初より、TTS ( transdermal therapeutic system )基礎研究を基盤として、経皮吸収型医薬品、化粧品及び粘着性素材並びに研究用装置を開発する皮膚関連製品の開発専門会社として活動しております。

私が持つ工学的な成形技術と薬学及び皮膚のメカニズムに造詣が深い権博士の知識を融合させることによって、「良質な薬剤を最適な設計」にするノウハウを培ってきたことが弊社の大きな強みとなっています。2008年に世界で初めて工業的製法を確立させた「溶解型マイクロニードル技術」もその成果の一つです。全く新しいものを生み出すには、違う文化の融合が大切。一般的に全く違う分野の融合の中で新しいものができると考えています。

また弊社では、自らの会社で開発したものを評価・製造まで一貫して行っていますが、そのことが社員一人ひとりにとっても「自分たちのものづくり」「熱意を持ったものづくり」を行う良きモチベーションになっております。

近年は、弊社独自技術による蛋白質、多糖類の高分子薬物のTTS製剤化に加えて、経皮ワクチンの分野にも進出しております。常に新しいものに取り組み「世界で初めてのものを創る」というチャレンジ精神、TTS技術によって社会に貢献したいという想いは創業当時から変わらぬままです。今後もベンチャーマインドを忘れることなく、医療・健康・美容分野の発展に寄与できるような技術開発を目指し、新たな価値の創造に邁進いたします。

取締役からのご挨拶

医薬品開発の技術を応用した化粧品で女性の肌のお悩みを軽減したい。 取締役・薬学博士 権 英淑 医薬品開発の技術を応用した化粧品で女性の肌のお悩みを軽減したい。 取締役・薬学博士 権 英淑

薬剤学の専門的な視点で考えますと、どんなに良い薬があっても、どのような方法で患者さんに使ってもらうかによって、その活かされ方は大きく変わります。飲む方が良いのか、注射の方が良いのか、薬自身の有効性と、使う方のライフスタイルを鑑みた摂取しやすい方法を考えることが大切で、それがDDS(Drug Delivery System)です。

弊社のイノベーションである溶解型マイクロニードル技術は「人の肌に針を刺すことへの抵抗感」が開発の動機でした。国際学会でマイクロニードルに関する発表を聞いてからというもの、その潜在能力の高さは認めつつ、より利用者が使いやすい薬の形態、より薬効を届けやすい形態にできればと考えていたのです。そこでキーとなったのが弊社が積み重ねてきた「薬剤に合わせて基材を整える技術」です。注射針のような金属ではなく、ヒアルロン酸やコラーゲンといった肌に優しい成分でニードルを形成する技術の開発に着手し、肌を傷つけることなく成分を角質層まで浸透させることに成功しました。

このように弊社独自の医薬品開発プロセスのなかで生まれたユニークな技術は、オリジナルの化粧品ブランド「クオニス」や育毛製品ブランド「ファーサ」にも応用しています。塗るだけでは入りにくい有効成分や美容成分を、角質層のバリアを突破して肌に深く浸透させるマイクロニードル化粧品は、各方面から大きな反響をいただいております。

私は自分の専門分野の中で、単なる研究だけということではなく、いかに「ユニークなもの」を発見して、そこを追求し、イノベーションし、世の中の幸せに繋げていくかが大事だと考えています。とくに女性の視点から見て喜んでいただけるもの=アンチエイジングできるものをご提供したいと考えており、これからも「皮膚に貼るもの」を中心に、医薬品開発で培ってきた技術を活かした安全で優しい美容ケアの開発を続けてまいります。

今後もご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。